ちょいバカオヤジのプライベートブログ

ちょいバカオヤジの プライベートガレージ ピットインのブログ版です。ホームページに掲載しないような些細な出来事をアップします。(Kawasaki KZ1000MkⅡのある生活)

 
2017年04月28日

送別会(その3)

IMG_4318xckidvhufvbgf2.jpg


昨夜は社内設備メンバーの送別会

若手も含め40名近くの仲間が集まり
定年退職された3名の先輩を囲みました



IMG_4320xcidchudgc.jpg


最後くらいは先輩と、とことん付き合うぞ~
ということでカラオケパブへ行き深夜まで
先輩方は翌日休みだけど自分は通常勤務

まぁ、こういう付き合いも必要だわな・・・


スポンサーサイト
2017年04月26日

文化遺産

IMG_4238miugyftt.jpg


碓井第三橋梁(通称:めがね橋)
かつて国鉄で一番勾配のきつい(66.7‰)の坂を登るため
粘着式では困難なのでアプト式が採用されていました
現在では国の重要文化財となっています



IMG_4261njgydrsrs.jpg


めがね橋はイニシャルDや土屋圭一の峠ビデオvoL1でも登場してましたが
今では橋梁の上を歩くことができ近くには駐車場やトイレも完備され観光地しています
しかし、近くにはこんな看板もありますので注意が必要みたいですな



IMG_4259mbyftrsrs.jpg


かつての線路はアプトの道としてトレッキングができるようになっています

これも新幹線ができたおかげですが列車の旅も風情がなくなりました



IMG_4246mihydtsea.jpg


トンネルを歩くこと1.3km旧熊ノ平駅まで
この建物もかつては車窓からしか見ることができなっかたんだけど
こんなに間近で見ることができるようになるとは・・・



IMG_4275mnhgfdhy.jpg


碓氷峠鉄道文化村からやはり歩くこと1.3km
丸山変電所のレンガ造の建物があります

かつては屋根も朽ち果てて廃墟のようでしたが
現在では綺麗に修復されています



IMG_4262kjgfcxxs.jpg


碓氷峠鉄道文化村では峠のシェルパと呼ばれたEF63が動態保存され
講習を受ければ運転することができます

こいつを連結する列車には通称:横軽対策として連結器の強化や
協調運転が可能な特別な機能が施されました



IMG_4264nnhfdsrszs.jpg


                      おまけ


2017年04月25日

エントリー

IMG_8992mnbyrtdtd.jpg


4月29日(土)に関東工業自動車大学校で行われるイベントに
FCを展示しますので興味のある方はご来場を

  詳しくはこちら


2017年04月24日

志賀草津ルート



野暮用の帰りは志賀草津ルートへ
しかし、前々日に開通したらしいけど夏タイヤで大丈夫かな
行けなかったら行けなかったで

男は度胸~!!










IMG_4173gjkkhkkk.jpg


志賀高原では4月末でもスキーガンガンできるんですね

それもそのはず気温はマイナス4℃だって
通りでリフトも動いている訳だ・・・



IMG_4176hhjukukuilh.jpg


渋峠付近では積雪は最高潮に

まるで立山のアルペンルートみたいです
にも拘らずライダー&チャリダー多し



IMG_4212gjukukukg.jpg


肝心の路面は凍結なしのほぼドライで
ところどころ雪解け水で川になっているところがあるくらいで全く問題なし

問題は寒さだけですね・・・



IMG_4224fhjjkhgf.jpg


浅間山は警戒レベル2ですが噴煙は少なめですね

我が胸の 燃ゆる思ひにくらぶれば 煙はうすし 浅間山

なんちって


2017年04月23日

遠征

IMG_4128mngfsxdg.jpg


昨日は野暮用で遠征

荷物を運ぶのでFCではなくエブリィにて
町中じゃ良く走る軽も高速ではかったるいです
まぁ、捕まる恐れはないのはいいけど・・・



IMG_4136nvdtsxdyu.jpg


しかし、北国の春は遅いですね~

春なのに秋のような寂しさがありますな



IMG_4147mbhyyttsrssr.jpg


桜も北国ではまだ残っており快晴の天気で

青い空とのコントラストが美しいです


2017年04月21日

歓送迎会(その4)

IMG_4126ccfhgfgdd2.jpg


昨夜は新しい職場の歓送迎会

不覚にも2次会で酔いつぶれて寝てしまった
よって深夜バスにて帰宅
当然、ブログは更新できず

野暮用で遠征するので明日もブログはお休みかも


2017年04月19日

パッド交換

IMG_8700mnbgfss.jpg


通勤快速のKDXのブレーキパッド減っていたので
ストックしていた予備のブレーキパッドと交換しました

外してみると・・・






IMG_8702mnbytrs.jpg


殆ど残ってないでやんの

ちょっとやり過ぎ 反省 



2017年04月18日

パンク

IMG_4116mnbggdxxx.jpg


通勤快速のKDXがパンク・・・
職場が変わって場所柄、金属片を拾うことが多いからなぁ

ということで、仕事帰りに行きつけのショップへGO
あまりに汚いので作業を頼むのは申し訳ありませんが



IMG_4121mnbburtds.jpg


残念ながらチューブの在庫が無くパッチ対応
タイヤが硬化しているのでタイヤチェンジャーにて脱着

しかし、今度はビートが中々出てこないでやんの
やっぱプロに任せて正解ですな


2017年04月17日

片方だけ

IMG_8703lkjhgfrrf.jpg


いつ買ったか分からない新品のグローブが出てきたので
暖かくなったので通勤用に使おうと思ったら・・・



両方とも左手用でやんの

わたしの わたしの彼は~ 左利き~
(by麻丘めぐみ)


って、ゴルフ用グローブじゃあるまいし片方だけあってもなぁ
確かにゴルフの場合右利きは左手にはめるけどさ

某量販店へ交換してもらいに行くと・・・
うちで買った商品か分からないから返金に応じられないだってっさ
ラベルは明らかにその店のものなのに何だかなぁ

ということで購入時には、よ~く確認することをお勧めします


IMG_8721ggtggggfdf.jpg


本日は毎年恒例のモータースポーツジャパン
4月開催になってから初めて訪れます

天気も昨日と違って風も止み絶好のイベント日和でしたね~
ホンダのブースには絶不調で色々な噂がされている
マクラーレンホンダのF1マシンも・・・



IMG_8797gjmmjjhb.jpg


ホンダブース恒例のトライアルショーは楽しいトークでいつも盛り上がります

地味なイメージの競技ですがマシンコントロールに関しては凄いものがあり
ロードレースの比じゃありません



IMG_4077ffggggrd.jpg


デモ走行で白煙をあげながらアクセルターンを決めるのは松田次生選手
この後、ガードレールに正対し曲がり切れなくなり押し戻してもらうというハプニングも

スーパーGTの車両ってバックギアないんかなぁ
自分がガキの頃のラジコンカーじゃあるまいし・・・



IMG_8864ghjjgtefcdd.jpg


有名レーシングドライバーも勢揃い・・・ って後姿だけど

この日ばかりはドライバーもフレンドリーですからね
中々これだけジャンルの違うドライバーを一度に見られる機会はありませんよ~



IMG_8914fgthhthhf.jpg


何かと問題を抱え肩身が狭い三菱自動車ですが
デリカのデモ走行では45度の坂を上ります

ドライバーは増岡選手で、まんざらCMのイメージは嘘ではありませんな


2017年04月15日

春の珍事

IMG_4022mnbtdssds.jpg


某所にて

春になると陽気せいか、いろんなのが出没しますな・・・



2017年04月14日

歓送迎会(その3)

IMG_4029mnvftddrd.jpg


一昨日のお国の厳し~い検査でボコボコにやられた管理人です

よって本日、某所へ出頭してきました
ということで、凹んだ気持ちですが・・・

夜は以前の職場のとあるグループの歓送迎会に呼ばれて参加しました
嫌~なことを忘れて昔の仲間と楽しい夜を過ごしましたとさ

でも、この先どうなっちゃうんだろう・・・ 着任早々波乱万丈です


2017年04月13日

787B

IMG_8112vhyhyjjgg.jpg


ボーイング787じゃなくてマツダの787Bね
NA4ローターのグループCのマシンになります

また、こいつの音がいいんだ 別名:天使の絶叫と呼ばれています
近年ではNAの高回転型F1エンジンなんかいい音しますが
この時代のグループCでは別格のエキゾーストノートでしたね・・・

787Bは唯一日本車でルマンを制した車両になります
イベントドライバーはもちろんミスタールマンこと寺田陽次郎ね



IMG_8266hyhjyjyjh.jpg


ということで・・・

レ~ナウ~ン レナウン レナウン レナウン娘が

お洒落で シックなレナウン娘が

わんさか わんさか わんさか わんさか

イエ~イ イエ~イ イエイ イエイ~



2017年04月12日

ウルフWR1

IMG_8257hhkjkjhvfv.jpg


1976年の年の最終戦の富士グランプリを再現とのことですが
このウルフWR1は1977年のシリーズを戦ったマシンになります

こいつをドライブしていたジョディ・シェクターは
1976年はタイレルP34をドライブしていたからね・・・



IMG_8088fhhjjkjkjk.jpg


デビュー戦で優勝する快挙を成し遂げた伝説のF1マシンですが
流線形のボディが美しく 今回、走行した車両の中では
個人的には最も恰好良く美しいと感じた車両です

この頃のF1は、まだ手探りで試行錯誤していたので
チームによってエンジンやボディ形状に特徴があって個性的でしたね
現代のF1は計算され尽くされているので
どこのチームも同じようなエンジンやボディ形状になってしまうからね


2017年04月11日

コジマKE007

IMG_8253mnbgtss.jpg


今回走行することができず残念でしたが
1976年の日本グランプリにスポット参戦するために造られた国産のF1マシン
コジマエンジニアリングのKE007になります

長谷見選手のドライブにより予選第一セッションでは4番手のタイムを記録したものの
第二セッションでは最終コーナーでクラッシュ大破してしまいました
モノコックまでダメージを受けたマシンは徹夜で修復して決勝のグリッドに並べましたが
元の状態にはならず苦しい戦いとなりました



IMG_8251mjhgrssgyy.jpg


エンジンは定番のフォード・コスワース・DFVで
この時代はお金さえあればF1用エンジンを購入することができたので
プライベーターでもF1マシンを造ることができました
今じゃ考えられないけど夢のあるいい時代でしたね・・・

翌年はKE009を開発し2度目の日本グランプリに挑戦したものの
ブリヂストンタイヤに変更したため結果を残せなかったとか・・・
その後、グッドイヤータイヤでテストしたところトップタイムと同等をマークしましたが
例の事故により日本でのF1が開催されなくなったため
その雄姿を見ることは二度とありませんでした

勝負の世界に、もしも・・・ は無い訳です


2017年04月10日

フェラーリ312T2

IMG_8045mnbttddd.jpg


1976年のシリーズをハントのM23とチャンピオン争いしたのが
ニキ・ラウダがドライブしたこのフェラーリ312T2になります

ポイントリーダーのまま最終戦の日本グランプリを迎えましたが
悪天候のためラウダはレースを途中棄権
4位以内にハントが入ればシリーズチャンピオンを獲得
結局ハントが3位でゴールしたので2年連続のチャンピオンを逃したものの
2年連続のコンストラクターズタイトルを獲得しました



IMG_8238mnbtdss.jpg


この時代はV型8気筒のフォード・コスワース・DFVが主流ですが
自社製の水平対向12気筒エンジンを搭載しパワー的には有利なものの
重量や大きさから後のグランド・エフェクト・カー時代には
不利となるのだった・・・


2017年04月09日

マクラーレンM23

IMG_8057mnbvgytres.jpg


1976年のF1選手権でジェームス・ハントがドライブして
チャンピオンを獲得したマシンがこのマクラーレンM23になります
雨の最終戦日本GPで3位に入りニキ・ラウダを抑えチャンピオンに輝きました

M23は1973年にデビューして1978年まで使われた
ロングセラーマシンになります・・・
今じゃ、とても考えられませんが当時の技術進歩は
こんなもんだったのでしょう



IMG_8248mvcffdd.jpg


エンジンはこの時代のF1の定番のフォード・コスワース・DFV
やっぱマクラーレンは蛍光オレンジのマルボロカラーだよなぁ・・・やっぱ
小学生の頃こいつの田宮のプラモ作ったけな

でも、この時代のF1で一番好きなのは後継のM26なんだけどね
M26は翌年の1977年の日本GPでハントがドライブして優勝したものの
あの事故のおかげで後味の悪いグランプリとなりました


2017年04月08日

歓送迎会(その2)

IMG_4015mnbgteee2.jpg


昨夜は所属していた課の歓送迎会

しかも、前日と同じ店でやんの
出てくる料理も殆ど同じ

課長のリクエストを聞いたばっかりに
気分の悪い飲み会になりました



IMG_8699mnbgfdsw.jpg


でも、異動のお礼をくれた同期のマドンナもいたりして

まぁ、ちょっと嬉しい夜でした


2017年04月07日

歓送迎会

IMG_4010oihgfdsaaas.jpg


本日は所属していた部の歓送迎会
新しい部署の懸案事項山積みだけど
そんなことは忘れて、今まで一緒に仕事した仲間と
最後の交流を楽しみました

よってバイクネタFCネタはお休みです


2017年04月05日

ロータス77

IMG_8243bthukitgr.jpg


1976年のF1選手権第16戦の雨の最終戦日本グランプリを制したのが
マリオ・アンドレッティがドライブしたこのロータス77になります
デザイナーは言わずと知れたコーリン・チャップマンで
ジョン・プレイヤー・スペシャル・マークⅡと言われるモデルですね



IMG_8071yyrcecec.jpg


シャーシはこの時代では一般的なアルミモノコック
エンジンはV型8気筒 DOHC4バルブ、2,993cc
のフォード・コスワース・DFVになります
自然吸気ながら最終モデルでは500PSを超えていました



IMG_8074dghnhmjm.jpg


この年マリオが優勝したのはこの最終戦のみ・・・
そしてグランド・エフェクト革命を巻き起こした
ロータス78ジョン・プレイヤー・スペシャル・マークⅢへと引き継がれるのだった


2017年04月04日

車検準備

IMG_8681mnbffftyu.jpg


ちょっと気が早いですが車検準備を行いました

まずは大気解放しているブリーザーホースをエアークリーナーに戻しますが
パワーフィルターが硬化収縮して入らないでやんの

よってヒートガンで温めて柔らかくして難なく装着



IMG_8688mnbbgttrd.jpg


毎回鳴らなくなっているホーンは
調整ネジで鳴るように調整します・・・が
今一音が心もとない
やっぱ新品にしないとダメかな・・・

でも、愛用しているKDX用の小型ホーンは廃番なんだよなぁ
ということで行きつけのショップで中古良品を頂きました



IMG_8690nbggrrdd.jpg


そして今回新たに追加したメニューはナンバーの角度の是正
4月から法改正により基準が変わったのでナンバーブラケットを純正に戻します
まぁ、保安基準ではないので車検には関係ないとの話もありますが
取り合えず引っ掛かって直すのも面倒なので

さて、準備は整いましたがどこで車検取るかな・・・


2017年04月03日

レリーズ調整

IMG_8339hhjkkddees.jpg


クラッチが新品なのに滑る場合、レリーズの調整不良が考えられます

ワイヤー式のクラッチのレリーズは回転すると飛び出るようになっており
クラッチワイヤーで引っ張ることによりレリーズを回転させ
飛び出たレリーズがプッシュロッドを押してクラッチが切れるようになっています

よって、レリーズは調整して遊びを作ってやらないと
プッシュロッドを押してクラッチが滑ることがある訳です



IMG_0001kjhgffddsffgggg2.jpg


調整方法はロックナットを緩め
アジャスティングスクリューをマイナスドライバーで回し
プッシュロッドに当たり重くなったところから1/2回転戻します
この1/2回転戻すところが肝になり遊びになります



IMG_8694nnkkgerdss.jpg


レリーズの調整前にはクラッチケーブルアジャスターと
クラッチアジャスターを締め込んでワイヤーをフリーにしておきますので
レリーズ調整後にワイヤーの遊びを調整しますよ~



IMG_8684ghjkkktrd.jpg


微妙な調整はクラッチレバーアジャスターで行い
ストロークが足らなくてクラッチが切れない場合は
レバーが開くようにレバーの角度を調整します

きちっと調整しないと強化クラッチを入れようが何をしようが
滑ってしまいますのでご注意を


2017年04月02日

羽衣の松

IMG_8604mnbgtresa.jpg


三保の松原にある羽衣の松

その昔、天女が舞い降りて羽衣を掛けたという伝説の松になります
訪れるのは小学校低学年以来ですかね~

しかし、看板をよくよく見てみると・・・





IMG_8602mnbvftesas.jpg


平成22年10月に数世紀ぶりの世代交代が行われました・・・

羽衣の松って世代交代するものなの
だったらどの松でもいいじゃん
どうやら初代は18世紀に富士山の噴火で海に沈んだらしい



IMG_8606mnbgtrewaa.jpg


二代目の羽衣の松は立ち枯れしてご覧の通り
幹以外は伐採されて現在の三代目に引き継いだそうです

三代目Jソウルブラザーズじゃないんだから・・・


2017年04月01日

引っ越し



昨日は現職場で最後の勤務
荷物も新しい職場に運び込み来週からは新たな職場にて勤務です

ということで、部下や非常勤職員の方々からお礼の品を頂きました
今まで何度も異動を経験していますが、こんな事されたのは初めてです
中には涙ぐむ方までいて有難いもんです



IMG_8678nbgdstree.jpg


今の職場に赴任したのは・・・

あれは3年前 (by ちあき なおみ 喝采)

いつかこんな日が来ることは分かっていましたが
実際その日はくると寂しいもんですな・・・
振り返ってみるといい部下や同僚、上司に恵まれ幸せな3年間だったなぁ

ということで、最後に 飲みに行くぞ~!

と声を掛けるものの反応なし・・・ アレ もしかして俺って人望ない



IMG_4005mnbvgfdsss.jpg


仕方ないので、隣の課とその隣の課の北海道ツーリングメンバーで飲みに行くことに
自分も新たな職場での勤務だし後輩も昇進して異動したので
今後は長期でロングツーリング行くのは厳しいかもしれないなぁ・・・


プロフィール

ゼット!

Author:ゼット!
管理人:ちょいバカオヤジ
1966年生まれ てんびん座 
血液型A型  一応既婚  子供3人
バイク:KZ1000MKⅡ/KDX125SR
車 :RX-7(FC3S) 新型エブリィ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR