ちょいバカオヤジのプライベートブログ

ちょいバカオヤジの プライベートガレージ ピットインのブログ版です。ホームページに掲載しないような些細な出来事をアップします。(Kawasaki KZ1000MkⅡのある生活)

 
2013年02月28日

カムチェーンガイド

IMG_9394.jpg


Z系エンジンのシリンダー前側にあるカムチェーガイド・・・

このようにプラスネジ一本で固定されています。
このシリンダーに関してはまだ残っていますが
下記シリンダーのように折れて無くなっていることも珍しくありません


IMG_7223.jpg


原因としてはカムチェーンの弛みにより
エンジブレ状態から加速状態への切り変わり時において
カムチェーンでムチのように叩かれることにより破断したと思われます。

社外の強化タイプも発売されていますが、
カムチェーンのテンションを適正に保つこと先決かと思われます。
まぁ、折れて無くなったところで普通に走っちゃうんだけどね


折れた~ガイドの~断面でぇ~ 壊れた~訳が~分かる~のよぉ~ 
(中条きよし うそ)


スポンサーサイト
2013年02月27日

続・バックステップ

IMG_9427.jpg


バックステップの続き・・・

バックステップっていうと、よりバックして高けりゃ偉いみたいに思われますが
マッドマックスのグースじゃあるまいしバックして高けりゃいいってものでもありません。

で、自分はビトー&RDさんのアップタイプ(130mmバック・50mmアップ)
を使用していますが、S1タイプの座布団シートと相いまって正座ポジションです
でも、ビトーさんのにはロータイプもあるんだよなぁ~

とは言うものの丸ごと取り替えるのも勿体無いので
部品交換でロータイプ(115mmバック・25mmアップ)に変更・・・

できるかと思いましたが殆どの部品が異なるそうで
全部揃えると新品買うのと殆ど変らないそうです。

う~ん 残念

たかがポジションされどポジション


追伸:ビトー&RDさんには無理言って色々調べて戴き
   お手数をお掛けしましてスミマセンでした


2013年02月26日

バックステップ

IMG_9407.jpg


現在使用しているビトー&RD製のバックステップ

そのまま装着するとかなりステップバーが外側に出っ張ります
どうやらビトーさんのはホンダ純正可倒式ステップバーを流用しているみたいで、
この可倒部分が外側に出っ張る要因になっているようです

個人的にはステップはなるべくフレームに近づけたいものの
メーカーによってはかなり外側に出っ張ります


IMG_9382.jpg


という訳で、バーに関してはアグラス製を加工して短くすると共にカラーを薄くして
なるべくフレームに近くなるように装着しています。

まぁ、取り付け構造上限界はあるけど個人的な拘りですな・・・
もっとも、言わなきゃ解んないだろうけどね


追伸:加工に関してはあくまで自己責任で
   保証がうんだらかんだら言う方はメーカー推奨のまま使いましょう 
   そもそもカスタムに保証って何


2013年02月25日

ハンドル

IMG_9399.jpg


ずっと使っているハンドル・・・
それはZパーツのハンドル

こいつは第1回鈴鹿8時間耐久レースの年に誕生し、
日本で最初に行われたスーパーバイクレース用として開発され、
多くのライダーに愛用されました

どうやらチーム伸介で有名な千石清一さんが開発したハンドルみたいです。
こいつは幅といい高さといい、絞りや曲がり具合が絶妙なんだよなぁ~
以前はジュラルミン製のモノもあったけど現在はスチール製
オンリーとなっています。


結論:まぁ、個人的偏見と趣味ってことで・・・


2013年02月24日

ナッター

IMG_9415.jpg


画像の工具はリベッターのように見えますがナッターというものです

よく自作プレート等を造ると裏側からナット止めしなくてはならず
整備性が極めて悪くなります
よって純正部品は裏側にナットが溶接してあります。

板厚がある場合は直接タップを切ることが可能ですが
薄板の場合はネジ長が足りずタップを切ることができません


IMG_9419.jpg


よってこいつを使うことで薄板にナットを取り付けることが可能になります。

 ※ 画像中央奥がかしめる前、手前がかしめた後で
   長さが短くなっているのがお解かり戴けると思います。
   その他は取り付けしたナッターの裏と表から見たものになります。

追伸:くれぐれもナッターの前に「オ」を付けたりしないように
   そんな一人遊びに使うオモチャではありませんから


2013年02月23日

ミッションカバー


MkⅡのKZT00AEクランクケース・・・

こいつには前期型と後期型のケースがあるのはご存知かと思いますが
A4以降がいわゆる後期型ケースになります。


kaba1126.jpg


で、何が違うのかというと
パーツリストを見れば解りますが
ミッションカバーの形状が異なります。
(四角で囲ってある方がA4~後期型)
当然、ガスケットも異なりますが、
この後期型カバー実は以降のJ系と同じ形状です。


IMG_7060.jpg


ということでポリスの部品が入手可能なことから
メーカーから新品で手に入れることができます


追伸:某オクにて小汚い中古品が新品より高値で出品されて
   いたりしていますので注意が必要です。


2013年02月22日

クランクシャフト

IMG_7305.jpg


泣く子も黙る箱入り新品クランク
現在、Z系J系の中で唯一新品がメーカーにて入手できる
ポリスクランクです。

ということでこいつを使わない手はありません


IMG_72281.jpg


で、新品とはいえ使用に当たっては一応振れを計測します。
サービスマニュアルによる振れ基準値内だったのでそのまま使用

といってもそのままではMkⅡには使えないけどね・・・
まぁ、高くても新品で入手できるだけ幸せってことで


追伸:センターギヤを交換すればMkⅡにも流用可能です


2013年02月21日

任務機と副務機

JASDF47-400.jpg


本日夕方、安倍総理がオバマ大統領と会談するために
羽田から政府専用機でアメリカに向けて出発しました。
ということでフライトレーダー24にて捕捉
安倍総理を乗せた任務機はテレビのニュースの通り
太平洋上をアメリカに向けて航行中

便名はJF001


JAAF2.jpg


先日のアルジェリア事件の自衛隊法に基づく在外邦人等の輸送では
1機体制でしたが、今回は要人輸送なので副務機が随行するはず・・・
ということで任務機から遅れること十分後、副務機が羽田を離陸していきました。

便名はJF002


JAAF4.jpg


基本的に副務機は任務機が故障して任務が遂行できない場合に
任務機に代わり任務にあたるもので、一般人からすると大変無駄なように
感じますが諸外国においても一般的な政府専用機の運用体制だそうです。
それどころか更に待機用の予備機を含めた3機体制が望ましいそうな・・・


JASDF747-400-2.jpg


まぁ、必要性があるかどうかより政府専用機の導入の経緯は
貿易摩擦解消が目的らしいから
そいつに乗ってTPP交渉とは皮肉なもんだ・・・


2013年02月20日

スターターリレー

IMG_9393.jpg


ことごとく某社の製品には騙されているので
某社製品は順次取り替えています

ということで今回の交換部品はスターターリレー
純正流用品ですがボルトオンで取り付けできるように
ステーが付属されています。

こいつはパーツLABOに掲載されていないから
ひょっとして裏パーツかな・・・
いつもTさんにはお世話になっています


追伸:某氏の1100Rも頻繁にセルが回らなくなったのが
   こいつに交換して解消されたみたいです。
   まぁ、もっとも某氏のは当時モノのノーマルリレーだったけどね


2013年02月19日

セルモーター

IMG_72021 (6)


Z1000P(ポリス)の新品セルモーター
現在もカワサキ純正として新品で入手が可能です

なまじっかリビルド品を買うくらいなら
メーカー純正の新品を買った方がいいです。

実はこのリビルド品にも騙されてたりして・・・

ということで数年前に純正新品に交換しているので
こいつは予備としてストックしておきます。

最近、数ヶ月前に入手出来ていたものが廃盤になっていることがあります。
まぁ、こいつはすぐに無くなることはないと思いますが
将来、必要になりそうなものは今のうちに入手しておくことをお勧めします


追伸: Z用とは形状が異なりますが取り付けピッチは同じです


2013年02月18日

ウインカーリレー


以前、使用していた某社のウィンカーリレー

カチカチと音が煩いだけでなく
ロングツーリングの帰りに高速にて死亡・・・

おいおい トラブルを回避するために
事前に交換しているのに意味ねーじゃん


某社の製品には何度騙されたことか・・・


IMG_9384.jpg


ということで現在は画像のPAMS LABO
ハイレスポンスウインカーリレー(純正流用品)を使っています。

結論:安物を買うと結局のところ損します。
   安物買いの銭失いとは正に某社製品のことだな・・・


2013年02月17日

リンク数


ドライブチェーンの続き・・・

プロケットをF18T→17T R42T→45Tに変更
よってドライブチェーンを2リンク増やす必要があります。
現在、122Lなので124Lにすればいいのだから
130Lだと6リンク余るはず・・・


IMG_9378.jpg


なのに何故か16リンクも余ってます
あれ 112Lだったか・・・

そう、お気づきの方もいるかと思いますが
122Lと124LってZ系のカムチェーンの
リンク数じゃねーか

最近エンジンばっかり触ってたから勘違いしたようです。
横着しないでちゃんと数えて買えば良かった


結論:足りないよりはマシだけど約2千円の損失です


2013年02月16日

チェーンツール

IMG_9376.jpg


今日は寒かったですね~

こんな日の屋外作業は流石に身に堪えるけど
ガレージが無いので仕方ありません。

取り敢えずオーダーしていたスプロケットが来たので
チャッチャッと交換してしまいましょう


IMG_9379.jpg


取り付けはチェーンをカットしてカシメなくてはならないので
チェーンツールが必要です。

まぁ、そんなに使用頻度がある工具ではないので
自分はリーズナブルな南海部品のH型ツールを使用しています。

プロはこんな工具使わないけど素人が使うなら十分かな・・・
価格的にも一回使えば十分元が取れるしね
ということでローギヤド化完了です


追伸:同じGVタイプチェーンでも530Rから530Xに変更です。


2013年02月15日

スプロケット

IMG_9372.jpg


ザム・ジャパンさんにオーダーしておいたスプロケットが到着

やっぱ日本製は納期が早いやね~
オーダースプロケットなのに注文から10日ほどで到着
アファムなんて半年くらい待ったかんなぁ~

しかも、オーダータイプなのにノーマルMkⅡ用と値段が同じってのが
嬉しいじゃあ~りませんか
ハードアルマイトでも同じ価格ですが敢えてクラシックタイプを選択です。

ちなみに旧ダイマグ用スパイダータイプのスプロケットは常時在庫しているそうで
内径の拡大が必要な場合は加工してからの納品となるそうです


追伸:てっきりアファムはザム・ジャパンに改名したのかと思っていたら
   全くの別会社で色々と複雑な事情があったみたいですね・・・


2013年02月14日

スパイダー


旧ダイマグ用スパイダースプロケット・・・

現在では各社ともオーダー生産品となっています。
以前、アファムのスプロケットを愛用していたとき
同じ品番93806-42で頼んにも拘らず・・・
(画像下側が古いもので上側が新たに頼んだもので品番は同じ)


IMG_9354.jpg


スパイダーが入らねーでやんの

アファムに問い合わせたところ・・・
「製品は変えてねー」とか言っていたけど明らかに変更されていました

どうやら、このダイマグのスパイダー
外径が数種類存在するみたいで原因はその辺にあるようです。


IMG_9350.jpg


という訳で無償にて内径を拡大加工してもらいました

画像左が古いスプロケットで画像右が拡大加工してもらったもので
アルマイトが削られて無くなっていることが確認できると思います。


結論:クレームに対処できなくなった各社はオーダー生産体制となりましたとさ


2013年02月13日

ガンコート

IMG_9366.jpg


九州に旅に出ていた某氏のエンジンが戻ってきました

塗装は自分のエンジンと同じガンコート仕上げです。
(その昔、ヨシムラの空冷レーサーに使われていたのは有名な話です。)

ガンコートは元来、銃器用塗料のため高い表面硬度と放熱効果を兼ね備え
耐薬品性にも優れたものです

また、塗膜も他の塗料と比較して薄いので寸法精度が要求される部位にも使えます。
(って言ってもあくまでもアバウトな寸法精度の部位ですよ

で、一見するとただの黒にも見えますが、実物はブルーグレーっぽい色です。
実はこの色、GSX-Rの油冷のエンジン色だったりします。
う~ん さり気なく渋くていいね この色


追伸:色合わせが難しくかなりの量の塗料を消費したそうです。
   それでも納期は3週間ちょっと・・・プライスも大変良心的です


2013年02月12日

ドライブチェーン


JミッションにしてハイギヤードになってしまったマイMKⅡ・・・

  二次減速比参照

二次減速比を変更するためにはドライブチェーンの長さが足りません


IMG_9360.jpg


ということでドライブチェーンを購入~
昔っからチェーンはRK高砂と決めています(あくまで個人的偏見です

その中でもお気に入りなのがGVシリーズで、
フリクションがとても少ないのが特徴的です。

耐久性だけならGSシリーズの方が上だけどね


P6010755.jpg


で、こちらがGSシリーズ・・・


IMG_9363.jpg


こっちがGVシリーズね

違いが判りました
530に関してはGSシリーズが小判型プレートなのに対し
GVシリーズはひょうたん型プレートです。

やっぱ、女性と同じでチェーンもくびれが無くっちゃね
ちなみにチェーンはこのプレートが伸びるのではなく
ピンやローラーが減ってその遊び分伸びるので
プレート形状はあまり関係ないみたいです。
まぁ、見た目的には小判型の方が強そうに見えるけどね

ひょうたんチェ~ンはど~こへ行く スプロケ回してど~こへ行く~


追伸:スプロケットが来ないので装着は暫く先です


2013年02月11日

雪国より配信

fc2blog_2013021110472500c.png


今日の長野は雪です

本日帰りますのでブログは明日から再開します


2013年02月09日

携帯実況

fc2blog_20130209132846061.jpg


野暮用で新幹線ナウ
暫くブログはお休み致します


IMG_7023.jpg


Jミッション(Pミッション)を組み込むのに当たり
チェンジレバーもリビルド品に変更しました。
PMC製もあるけど個人的にはなんで・・・

某ショップのはポリス新品とZ用【画像奥】を組み合わせた
ハイブリッドでカシメのピンも溶接になっています【画像手前】

その他にも細かい違いがありますが詳しくはお店で
基本的に入庫車両のみの販売みたいですが、
どうしてもお困りの方は相談してみては如何でしょうか

追伸:ハイブリッドの為、チェンジレバーの下取りが必要です。


2013年02月07日

スタータークラッチ


通常、Z系、J系共にスタータークラッチは3つのローラー
(下記パーツリストの四角で囲ってある中の92122)で
スタータークラッチギヤを掴んでクランクを回しています。

圧縮を上げたエンジンなんかだと、稀にこのローラーが滑って
力なくセルモーターの音だけが虚しく響いたりします


2013210.jpg


しかし、最終型のポリス(Z1000P24)では多ローラーの
ワンウェイベアリング(パーツリストでいうと13194)に変更されており、
ガッツリとスタータークラッチギヤを掴んでくれます。

この最終型のスタータークラッチに変更する為には、スタータークラッチギヤ
からマグネットローターまでの部品を全て交換する必要がありますが、
残念ながらマグネットローターだけは国内入手が出来ません


IMG_5351.jpg
 

他は入手できるのに・・・ ん~ 残念
よって、この対策も施している方は殆どいないと思われます。
従来型ローターの加工も考えたんだけどね

結論:苦労してアメリカより個人輸入・・・正直エライ手間と費用が掛かった


2013年02月06日

ワンオフマフラー

IMG00344.jpg


某氏が注文していたマフラーが到着
スチールなのに安物のチタンマフラーが買える値段です・・・

まぁ、実質ワンオフ品みたいなモノなので仕方ありません。
でも、その造りを見るとかなり手間が掛かっており納得の値段です。


IMG00349.jpg


エキパイは合わせ構造のコニカルヘッダーにスプリングジョイント

メガホンタイプのサイレンサーが1100Rには似合うと思います


IMG00347.jpg


で、集合部は4-2-1構造

無塗装仕上げも昔の2スト社外チャンバーっぽくて恰好いいですが、
マフラーステーすら付属されておりませんのでポン付け派には不向きなマフラーです
この辺はモリワキモナカのレース管同様でステーの溶接が必要です
まぁ、モリワキの場合はステー自体は付属されてるんだけどね

追伸:どうやらT.O.Tのモンスタークラス常勝の新井選手が装着しているものと
   同じみたいです。詳しくはブルーサンダースまで


2013年02月05日

打ち上げ

IMG00355.jpg


本日は泣く子も黙るお国の厳し~い検査の日でした
しかし運がいいのか悪いのか当たらず・・・
この日の為に準備してきたので、
一応終わったということで打ち上げです

追伸:次回の検査を考えると超憂鬱です・・・


2013年02月04日

充電電圧


先日のレギュレーターレクティファイヤの続き・・・

14.6V以下の指定なのにヨシムラデジテンにて15.3V表示

 レギュレーターレクティファイヤ参照

よってMOSFET型に変更したにも関わらず電圧表示は変わりません
PAMSのTさん曰くヨシムラデジテンの値はアテにならないそうです・・・


IMG_9343.jpg


ヨシムラデジテンの値は15.3V

で、バッテリー部分でテスター計測したところ・・・


IMG_9340.jpg


全然問題ねーじゃねーか


レギュレーターは正常に働いているようです。
取り敢えずひと安心です・・・


結論:ヨシムラデジテンの電圧はあくまで目安みたいです


2013年02月03日

カプラー

IMG_9327.jpg


先日交換したレギュレーターレクティファイヤ

カプラーオンでチャッチャと作業が終了するはずが・・・
カプラーが抜けね~でやんの
どうやらカプラーが溶けて溶着しているみたいです・・・

ハーネスは経年劣化や熱で被覆が硬化したりしますが
断線でもしない限り中の銅線が傷んで通電が悪くなることは殆どありません
大抵はコネクター等のジョイント部で接触不良を起こしている場合が殆どです。

よってカプラーやギボシを廃止して直接続してしまうのが一番良いのですが、
それじゃぁメンテや部品交換が容易にできません
ということで定期的に点検して焼けている場合は
交換するしかないようです


IMG_9334.jpg


で、元コネクターを無理くり外してみたら、案の定ステータコイル
から来ている部分で溶けていました・・・


IMG_8077.jpg


アウターシムのシム交換に必要なカワサキ純正特殊工具
クランクを回してカムが最大リフトの時点でこの工具をセット 

クランクを回してもホルダーがタペットキャップの上昇を止めてくれます。
よって、ベースサイクル部分で隙間からシムを抜いて交換する
ことができるのです。

結論:カムを外さずにシム交換できるなんてカムホルダーの
   ネジ山にとっても優しい工具です
   でも自分のはインナーシムだから使えないんだけどね


IMG_7048.jpg


今回ポリスミッションを組み込むのにあたり
ハウジングもポリス新品を組み込みました・・・
っていうか必然的

そして、ついでにバックトルクリミッターも・・・
バックトルクリミッターらしきモノはGPz1100FやZ1100Rなんかでは
標準装備されているみたいだけど既に欠品だろうし

恐らく現行カワサキ車の部品を流用していると思われますが
詳しくは詮索しておりませんので知りたい方は某Z系ショップまで
ということでクラッチスプリングが6本なのも
こいつを組み込んだせいです

果たして乗り味にどう影響するか・・・
まぁ、サーキット走行なんかでは威力を発揮すると思います
っていうか、サーキットなんて走らないからいらないじゃん

結論:ただの自己マンです・・・


プロフィール

ゼット!

Author:ゼット!
管理人:ちょいバカオヤジ
1966年生まれ てんびん座 
血液型A型  一応既婚  子供3人
バイク:KZ1000MKⅡ/KDX125SR
車 :RX-7(FC3S) 新型エブリィ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR